パープル7

パープル7
「パープル7」(PURPLE7)がドイツで従来の漢方薬システム・エネルギー・エージェントと
違ってこんなに開発された医療で、このチェックはあります。
しかし、箱背側の原料を見るとき「Fomes属のサルノコシカケ」「前の肉」「甘草」
「クコの果物「ディオスコリアRhizome」「人参」」であるので、それは100%の漢方薬です。

そのような有毒な様子の色理由のカプセルを入れること。
それは、全く毒ヘビです。

サイトの説明において、それが「バージョン・アップを繰り返したロングセラー製品」でした。
それを修正したとき、カプセルの色について考えてもらえませんか?

カプセルの写真をサイトに乗せないと思います。
そのほかに、場所でorzどこでこの医療の出荷理由がタイになる場所について心配させます。
それは、それを命じた後に到着するのが妙に遅かったです。
直輸入商品習慣をもっている日本人は、背側のすべての表示です。
すべては、質的に正しいです。

パープル7ってw
中々、精力剤とは気付き難い名前ですよね?
このネーミングセンスの意図が分からないですよねw
もっとわかりやすい名前にすればよかったのにw

まぁ今更でしょうけど。
でもドイツが開発されているとなると、ちょっと信頼度アップですね。