勃起の仕組みとED

ここでは、勃起の仕組みとEDについて、学んでいこうと思います。

一酸化窒素の広範囲な分泌は性的刺激によって実行されます。
また、勃起は、環状のグアノシン1リン酸(cGMP)が形成される場所から始まります。

どれに、cGMPの陰茎の内部にある海綿体の平滑筋を緩めるのが、そのために血流に陰茎の内部の圧力を増加させます。
また、勃起は起こります。

そのような組み立て状態が常に不適当にあるいは完全に行なわれないのは勃起障害(ED)と呼ばれます。
依存するものからの様々な原因がありますが、ストレスのような精神発生上のED、老化して依存されるものに、老化して、特に伴うEDにとって自然治癒は難しいです。
また、内科療法は正常な勃起を行なうことのに必要です。

酵素では「5つのタイプ・ホスホジ・エステラーゼ(PDE-5)」によって加水分解されれば、勃起に必要なcGMPは結果を失うでしょう。
この酵素の仕事が活性化される場合、EDはcGMPを切らし、血流を遮ることにより起こります。

したがって、性的行動の30分前に服用を行う事で、陰茎はバイアグラを上へ上昇し、性的行動を通常今行なうことができます。

勃起の仕組みとEDについて、ご紹介していこうと思います。